業務スーパーのタイ産「軸付きスイートコーン」88円は、イオンのPB商品(オーストラリア産)258円と価格に3倍の差があるけど、まったく同じ美味しさだった!

業務スーパースイートコーン軸付

こんにちは(n´∀`n)

今日は業務スーパーのスイートコーンイオンのスイートコーンを一緒に朝食で食べました。

ということで、本日の業務スーパーの購入品は、

 スイートコーン(軸付き)





 原産国名:タイ

 価格:1本88円(税抜)

長さは、約16cm(直径:約4.5cm)でした。

 イオンのPB商品と比較してみた

ちなみに「どうして業務スーパーのスイートコーンを2本も購入したのか?」と言うと、

イオンのスイートコーン(PB商品)を258円で購入した帰りに、

業務スーパーで、まさかの1本88円を発見し、悔しくて2本購入したからです。

これで、一応、私の勝ちかなと。

( ´_っ`)

(※勝ち負けの問題ではない)

(※そして、よくわからない方法で自分が損したことを認めないニーチクさん)

イオンが258円だと、業務スーパーのスイートコーンが3本買えますからね。

(※3本だと264円です)

これは、悔しくて2本買っちゃいます(?)

イオンのPB商品は、白い粒とコントラストになっていて、

業務スーパーのスイートコーンは、黄色い粒で均一の色合いをしています。

見た目的には、イオンの方が綺麗に見えなくもないのですが、

結論から言うと、イオンと業務スーパー、どちらもまったく同じ味です。

3倍も価格に開きがあるにも関わらず、こんなにも同じ味で大丈夫かなと思えるくらい同じです。

どちら共通して、甘さ控えめでして、

自然のトウモコロシの甘みはありますが、そこまで強くないです。

イオンのPB商品は、オーストラリア産でこのように切り込みカット付き。

でも、違いと言えば、それだけでした(あと、白い粒入り)

ちなみに、この「白い粒」が何なのか?気になって調べてみると、

食用のスイートコーンの色は、大きく分けて「3種類」あるそうで、

1.黄色のとうもろこし→「黄色粒種」

2.黄色の粒と白色の粒が混合している→「バイカラー種」

この2種類には、特に美味しさや価格の差はないそうで、

色が違うんだ」くらいの認識で良いそうです。

ちなみに3種類目の「全部白い粒のトウモコロシ」は、メロンと同じくらいの糖度を持ち、

普通のスーパーなどでは販売されていない「超レアな野菜」で価格も高いそうです。

参考サイト→「とうもろこしは白と黄とバイカラーの3種!違いは?-ヤングコーンも-」

一緒に食べているのは、同じく業務スーパーの「パラタ198円」と、

そして、同じく業務スーパーのタイ産「トムカーペースト」で作ったスープです。

トウモロコシをカットする技術って、けっこうお金がかかるのかな?

( っ´-`c)はて?

オーストラリア産ということで価格の差が大きいのかな?

イオンで今まで258円で購入していた方、切り込みカットこそないものの、

業務スーパーのタイ産スイートコーン88円と同じ味でしたよ\(´ω` )/

 お召し上がり方

「湯せんで5分」または「ラップをして電子レンジで約3分」です。

 原材料名

とうもころし(遺伝子組み換えでない)、食塩

 栄養成分表

★ 100g当たり
★ エネルギー:92kcal
★ たんぱく質:3.2g
★ 脂質:1.2g
★ 炭水化物:17.1g
★ 食塩相当量:0.2g

パラタの食べ過ぎで、最近また「ビール酵母パン」が食べたくなってきました(やっと)




ということで、本日の業務スーパーの購入品は(n´∀`n)

業務スーパースイートコーン軸付

イオンのPB商品(258円)とまったく同じ味のスイートコーン(軸付き)でした。

バターと醤油が美味しかったので、また食べたくなったら業務スーパーの方を買ってきます✧

では、また次回の業務スーパーブログまで。

まったねん(´ω` )/☆




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(σ´∀`)