業務スーパーのスペイン産「スパニッシュハム278円」は「赤身とショルダー肉を原材料の85%使用」した塩気の効いたおつまみ向きのハムで、焼くより生のまま食べた方が美味しかったよ!(2回で完食の全記録)

こんにちはヾ(*´∀`*)もうすっかり春ですね。暑くなってきましたね。

音楽を聴きながら半袖でジョギングすると気持ち良いので、また夜に走ろうかと思っているニーチクです。

ちょっと走るだけでも、やっぱり全然違います(※私の場合、特にメンタル面が良くなる)

来週あたりから、またジョギングがんばりやす。

(○´3`○)~♪

ということで、本日の業務スーパーは♪

 「スパニッシュハム」

「スパニッシュハム」って何だろう?と思って、缶詰を見つめていたら、小さい文字で「ランチョンミート」と記載されていました。

 価格:278円(税抜)

あっ…失敗した…

いいや、この部分は試食しよう(前向き)

「ランチョンミート」とは「豚肉を生の状態で塩やスパイスなどといっしょに特別な缶に充填し、加熱殺菌と同時に調理したもの。そのままでも食べられますが、焼いたり炒めたりするとこうばしさが増して一段とおいしくなります。」とのこと。

実は「スパム」の正式名称が「ランチョンミート」で、同じものなんだそうですよ。

※参考サイト→「スパムとランチョンミート、どう違うの?」より

 内容量:220g

かなり塩が効いてます。試食した感じだと、おつまみ向きな缶詰のような気がします。

香りは、コンビーフに似ていますが、食感はハムですよ。

( ੭´-`c)

 原産国名:スペイン

業務スーパーオリジナル商品です。

「豚肉のなかでも脂身の少ない赤身とショルダー肉をたっぷり使い、ほどよい塩気に仕上げました。」

「塩や香辛料でしっかり味がついていますので、そのままスライスするだけで本場スペイン風のおつまみに。こんがりと焼き色をつけると、風味が増して一層美味しくなります(商品説明より)」

ということで、この「スパニッシュハム」を2つのアレンジ料理にして、

完食した記録はコチラです。

(σ´∀`)σ

 春のカルボナーラ

これ、実はあまり美味しくありませんでした(オイ)

材料は、この7点のみ。

イタリア料理の名店「リストランテ エッフェ」のオーナーシェフ、小林幸司さんが考案したカルボナーラのレシピを参考にさせていただきました。

牛乳も生クリームも使わないカルボナーラのレシピだったのですが、

今回、ニーチクさんは、粉チーズの選択が誤った感じがします(汗)このレシピ、粉チーズが美味しいかどうかで決まりますね。

あと、ブラックペッパー絶対いります。これがないとカルボナーラになりません。

実際に作って食べてみると、味付けが薄かったので、小林幸司さんの元のレシピから、粉チーズを多めに、卵も2個にして足しています。

先に「スパニッシュハム」と「にんにく」をフライパンで焼き、卵と粉チーズも一緒にボールに入れます。

茹でたパスタの上に、そのままドサッと白いボールの中身を入れ、

混ぜるだけ。

たったこれだけで、カルボナーラ完成です(祝)

カルボナーラの風味がほんのりしますが、今回ちょっとパスタが多すぎた感じがします。

もっとパスタは少な目で、ソースが濃くなるようにしたら、完璧なカルボナーラに近づきそうなので、この料理家の小林幸司さんのレシピは、再度チャレンジして極めていこうと思います。

ただ、今回の業務スーパーの「スパニッシュハム」が、カルボナーラと相性が良かったか?と言うと、ちょっとそれは、また別の話だと思います。(え?)

あとで気が付いたんですが、タイトルにも書いた通り、この缶詰は「赤身85%使用」なのです。

脂身がないため、焼くと缶詰のハム特有のパサッと感が強めに出るので、カルボナーラに使用するなら、素直に脂身の美味しさも一緒に楽しめるベーコンで作った方が美味しいなと思いました。

ランチョンミートって今まで色々食べたんですが、この商品は、焼いて食べるのに向いてない感じがします。試食で生のまま食べた方が、ニーチクさんは美味しかったです。

この経験を生かし、2品目です。

( ´_ゝ`)☆

 スパニッシュな春サンドイッチ

結論から言うと、やっぱり生のままの方が美味しかったです。

\(´ω` )/☆

材料は、この5点のみ。

「サンドイッチの作り方なんて、みんな知ってるから撮影しなくていいかな?」と思ったんですが、

真面目な性格なので、全部撮影してしまいました…

(震え声)

はい、完成です(n´∀`n)笑

でもね、それでもやっぱり、最初試食したときに思った「おつまみ向きのランチョンミート」って感じします。

イメージ的には、ワインやお酒と一緒に、このまま生で食べるのが一番美味しそうな感じがしました。

あと、繰り返しになるんですが、塩がかなり効いているため、これがOKな人とNGな人とで、好みが分かれそうな感じはします。「ザ・食塩」という感じの塩気です。

あと、小さいお子さんだと「ちょっと辛い」と言うかもしれません。

(※この上の写真は、PCの壁紙を背景にして撮影しました(´ー`)笑

「また買うか?」と聞かれたら「んー私はもうちょっと脂身が多い方が好きかも!でも、まぁまぁ美味しかったよ!」と答えます。

ハマる人には、ドンピシャでハマる味であることが想像できるので、気になった方は、ぜひ一度、御試食あれ★

ということで、本日のまとめ(´ω` )/

 原材料名

豚肉、食塩、ゼラチン、砂糖、香辛料/リン酸塩(Na、K)、増粘剤(カラギナン)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(V.C)、発光剤(亜硝酸Na)

 栄養成分表

★ 100g当たり
★ エネルギー:170kcal
★ たんぱく質:15.6g
★ 脂質:11.5g
★ 炭水化物:0.8g
★ 食塩相当量:2.3g

 賞味期限

購入日は→2018年04月01日

賞味期限→2021年10月18日

■ 「焼く」より「生のまま」食べた方が美味しかった(´ω` )/

■ 塩が効いている&赤身85%のため、コンビーフに似た食感あり。

■ ワインなどのお酒と一緒に飲むのに合いそうな味わいです。

■ 言い換えれば、単品で食べた方が美味しいと言えるかもしれません。

ということで、本日の業務スーパーは「スペイン産スパニッシュハム(278円)」でした!

では、また次回お会いしましょう。

Bye-Byeヾ(*´∀`*)~♪



 使用したフリー素材

涙のしずく→「GATAG|フリーイラスト素材集」

いちご農園の写真→「ぱくたそ」

 参考サイト

「世界一美味しいカルボナーラのレシピ。得する人損する人で話題。」

ありがとうございました!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(σ´∀`)