業務スーパーの「魚介の旨みが溶け込んだカレー(200g×5パック入り)248円」は正直マズかった(+o+)濃厚なイカ肝のエキスが強めの味なので好き嫌いがハッキリ分かれそうな味だけど、加熱を強めの料理にすると魚介感が消えて普通のカレーに変身するよヾ(*´∀`*)

深夜バイトが過去最高の残業になり、なんと夜中の3時に帰宅したニーチクです。

帰り道に朝刊を配達するバイクのおじさんとすれ違ったときは、我が目を疑いました。

朝やん…( ´_っ`)笑

ということで(?)本日の業務スーパーは、

ヾ(*´∀`*)カレーだよん☆

 魚介の旨みが溶け込んだカレー

 価格:248円(税抜き)

 内容量:200g×5パック

 安心の国内製造:宮城製粉(株)

 我らが業務スーパー好きには、もはやお馴染みの食品会社。

 神戸物産のグループ会社「宮城製粉(株)」が製造です。

スポンサーリンク

5袋全部食べてみたのですが、

これは「好き嫌いがハッキリ分かれるカレー」だと思います。

いわゆる「万人受けするカレー」ではないですね(*´Д`)

私は、一口食べて思わず、

「無理っ!」と言ってしまいましたが、

(コラ)

Twitterを見てみると、普通に美味しいと言って食べてる方もいたので、

この強めの魚介感が好きでクセになる人もいるんだなと思いました。

好きな方には、ハマるカレーなのかもしれません(*´ω`*)

 謎のイカ肝調味料

まず、皆さんに見てもらいたいのがパッケージの裏面です。

私は、何も考えずに「普通のカレー」だと思って購入したんですが、

皆さんは、よく考えて購入された方がいいです

(*´з`)うん

謎の「イカ肝調味料」が、原材料名の1番最初にあります。

下にある「ピーチピューレ」の部分も気になるところではありますが、

とりあえずここは気持ちを抑えて「イカ肝調味料」に注目してください。

(はい)

1番最初に記載されているということは、一番多く入っているということです。

「イカ」ではありません。

「イカ肝」です。

よって、大変クセが強いです。

私は、これを見て自分がこのカレーをひとくち食べて無理と思った理由が分かりました。

いわゆる海老などが入っている「オシャレなシーフード感(?)」ではなく、

カニ味噌などの「内臓系のシーフード感」です。

「イカ肝」ですから。

生々しい方の「内臓系のシーフードカレー」という感じですね。

なので、正しい商品名は「イカ肝カレー」です。

こんなに内臓系魚介の味がするクセの強いカレーを「魚介カレー」と言って騙して売ってはいけません。

(; ・`д・´)めっ!笑

「イカ肝カレー」です。

(何回言うねん)

業務スーパー魚介の旨みが溶け込んだカレー

実際に原材料名には入ってないのですが、

「アサリの茹で汁(10倍濃縮タイプ)が入ってるカレー」を想像してください。

私の感覚では、そんな味です。

かなり濃い目で、アサリの魚介感が強く、

カレーとの相性が良いかは別にして苦手な方は苦手な感じだと思います。

 

逆に言うと、これだけ振り切ったカレーはなかなかないと思うので、

ガッツリ強めの魚介感のあるカレーを求めている人には、大変朗報なカレーだと思います。

 

香りはとても良いです。

「魚介くさい」ということもありません。

食べると、イカ肝の生々しい内臓系シーフード感がガツンと来ますが、

(^O^)/笑

あと、写真を見ていただくと分かると思うのですが、

ほとんど具は入っていません。

「魚介感のエキスを全面に出した史上初の最強カレー」を作るために、

原材料の予算をほぼ使い切り、

具には行き着くことができなかった宮城製粉・カレー開発チームの情熱がうかがえます。

(※ニーチクさんの想像です)

Twitterで実際に書いてる方がいらっしゃたのですが、

「シーフードカレー自体販売が少ないので、業務スーパーが販売をしてくれてありがたい」と。

たしかに世の中のレトルトカレーでシーフード味ってあんまり見かけないですね。

 加熱を強めにすると魚介感がなくなるよ

直観的に「これ、加熱強めにしたら内臓系の魚介感なくなりそう!と思い、

「ライスチーズカレーボール」を作ることにしました。

材料は「小麦粉」「パン粉」「溶き卵」「チーズ」の4点です。

味付けは、シンプルに塩こしょうのみ。

「節子、それ小麦粉やない。唐揚げ粉や」というツッコミ待ちですが(待つんじゃない)

「唐揚げ粉ってつまり、ガーリック味の小麦粉ってことやろ?」

「それやったら、ちょうどライスボールにガーリック感が出て、カレーも美味しくなって一石二鳥やん。私って頭良いな(*´з`)~♪」と思ったんですが、

カラッとした唐揚げに仕上がりました(笑)

唐揚げ粉強いな…笑

でもね、魚介感はなくなりましたよ。

魚介感だけ綺麗に抜き取ったようなカレー味になり、

熱々の状態で食べると普通味となったカレーとチーズの相性はgood。

あと、唐揚げ粉に含まれるガーリック味が良い仕事をしてくれています。

美味しいです。

これなら、私も食べれるよ。

やったねん\( *´ω`* )/祝

業務スーパー魚介の旨みが溶け込んだカレー

ということで業務スーパーの「イカ肝が溶け込んだカレー(200g×5パック)」でした。

(商品名を勝手に変えるんじゃない)

激辛100倍のカレーをドキドキしながらチャレンジするのと同じような気持ちで、

イカ肝感100倍カレーとして挑戦してみてください。

苦手だと感じたら、ドライカレーやライスボールなど、

直接、強めの加熱をする料理にすると魚介感は飛びますので、

ぜひご参考までにヾ(*´∀`*)

あと、1袋当たり約50円というのは本当に安いです。

宮城製粉は、たまにこういう冒険した商品作ってくれるので面白いですね。

 原材料名&栄養成分表

また新商品のカレーがあったら買ってみます(^O^)/

今度は「海老の旨みが溶け込んだカレー」がいいです\( *´ω`* )/笑

では、また次回のブログ更新にて!

(*^▽^*)まったねん♪

 コメント

タイトルとURLをコピーしました